賛助会 会則

第1章 総 則

第1条 本会は洗足学園中学高等学校賛助会と称し、その事務所を
川崎市高津区久本2-3-1 洗足学園内におく。
第2条 本会は下の目的によって設立されるものとする。
  1. 本学園を卒業した生徒の保護者相互および本学園と学園の教職員との親睦・交流を図ること
  2. 本学園の維持興隆に寄与すること
  3. 洗足会の活動と連携・支援すること
第3条 本会は、専ら本学園が将来にわたり良き伝統を維持発展させることを尊重するものであって、直接に学園の経営行政或は職員の人事、洗足会の運営・活動に干渉するものではない。

第2章 事 業

第4条 本会は第2条の目的を達成するため下の事業を行う。
  1. 会員の親睦・交流活動
    1. イ.各種の懇親会、講演会、講習会等の開催
    2. ロ.会員によるサークル活動
    3. ハ.認められた学校行事および洗足会活動への参加・支援
    4. ニ.その他必要と認める事業
  2. 学園の興隆に関する必要な後援活動

第3章 会 則

第5条 本会は洗足学園中学高等学校を卒業した生徒の保護者(父母又は これに代わる者)および本学園の現職および退職の教職員をもって会員としこれを組織する。また、校長が任命した若干名の教職員が顧問となる。
第6条 会費については別に付則にて定めることとする。
第7条 前条会費の使途に関しては本会が決算をし、会計監査による監査を受けなければならない。
第8条 本会会員は下に掲げる行為をしてはならない。
  1. 本会および本会会員の名において公私を問わず他団体の候補者を推薦すること、或は特定の信条または政党を支持すること。
  2. 本会の役員の名において本会の事業以外の事業、宗教、政治その他いかなる活動をもしてはならない。
  3. その他本会の名誉を毀損すること。

第4章 役 員

第9条 本会に下の役員会、会計監査、顧問をおく。
会 長 1 名 会計監査 2 名
副会長 若干名 顧  問 若干名
会 計 2 名 書  記 若干名
第10条 本会の役員および会計監査は下の方法により選出する。
  1. 会長、副会長、会計、書記は会員中より互選により選出する。
  2. 会計監査は会員中より互選により選出するが役員を兼任できない。
1項および2項共、改選期における総会に於いて互選・決議される。
第11条 役員および会計監査は下の任務を行う。
会長は本会を代表し会務を統括する。
副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはその職務を代行する。
会計は会長の指示により本会の経理を行う。
書記は会長の指示により書記に関する会務を行う。
会計監査は経理を監査する。
役員は会長の指示により会務を行う。
第12条 役員の任期は2年とする。ただし再任を妨げない。
役員中欠員を生じたときは後任を補充することができる。
補充により就任した中央役員の任期は前任者の残任期間とする。
第13条 顧問は中央役員会の諮問に応じその意見を具申しなければならない。

第5章 会 議

第14条

本会の会議はすべて会長の承認の下に召集する。
第15条 本会に下の会議を設ける。
 総会 役員会
第16条 総会は本会最高の決議機関であって、定期総会と臨時総会に分ける。定期総会は毎年1回これを開催する。
臨時総会は役員会が必要と認めたとき、または会員の3分の1以上が議案を提出して会長に請求したとき、これを開催することができる。
上の場合、会長は特別の理由のない限り、10日以内に召集しなければならない。
第17条 定期総会において下の事項を審議する。
  1. 本会の事業計画および運営方針
  2. 決算の承認および予算の決定
  3. 会計報告
  4. 役員および会計監査の承認
  5. その他役員会が必要と認めた事項
第18条 役員会は総会に次ぐ決議機関であって、随時これを開催し、下の事項を審議する。
  1. 総会への附議事項
  2. 事業計画および運営方針案
  3. 決算および予算案
  4. 役員会において必要と認めた事項
  5. その他必要と認めた事項
第19条 本会の各会議の議事は出席者(委任状をもって出席者とみなすことができる)の過半数をもってこれを決定し、可否同数のときは議長が決するところによる。

第6章 サークル

第20条

会員の申請により、別に細則に定める基準に則し会長および校長が承認した場合に限り賛助会のサークル活動を認めるものとする。
また、活動実態によっては、承認を取り消す場合がある。
第21条 サークル活動は、本会の設立趣旨に沿ったものとし、その活動は各団体が自主的に運営するものとする。参加者は本会会員のみとする。
第22条 本会の認めたサークル活動に関しては、本学園の裁量の元、本学園の施設等を使用することが許可される。また、本会会員への広報ができる。

第7章 広報および会員情報について

第23条

本会はホームページを設置することとする。活動の広報、会員への連絡・告知は主として本ホームページに掲示をもってすることとする。郵送・E-メールでの個別会員への連絡は必要に応じ補完的に行うものとする。
第24条 本会員の名簿・会員情報は、各種法令を遵守し、本学園および役員会が共同して厳格に管理するものとする。

第8章 会 計

第25条

本会の経費は会費、寄付金その他の収入をもってこれに充てる。
第26条 会計年度は毎年9月1日に始まり、翌年8月31日に終る。
但し、平成29年9月16日本会則改定に伴い、旧規定による平成29年4月1日から始まる会計年度は、平成29年8月31日で終了し平成29年度Aとする。
また平成29年9月1日から平成30年8月31日を平成29年度Bとする。

第27条

本会経理は随時会計監査を受け、その正確であることの証明を添えて、これを定期総会に報告し、承認を得なければならない。

第28条

本会の財産目録ならびに会計簿は常に準備しておき、会員が随時閲覧できるようにしておかなければならない。

付  則

第29条

この会則は平成21年11月28日よりこれを施行する。
第30条 この会則を改廃しようとするときは、総会に諮って会員総数(委任状含む)の3分の2以上の同意を得なければならない。

第31条

会長はこの会則の施行に際し、必要あるときは、役員会の議を経て施行細則を決めることができる。

第32条

慶弔および附属する規定は別にこれを定める。

第33条

第6条の会費については、平成21年11月28 日~平成22年3月31日までは徴収しないこととし、会員参加希望を役員会に連絡したことをもって会員とすることとする。

サークル活動についての細則(平成26年6月7日 施行)

1. サークルは賛助会の趣旨に沿ったものであることを大前提とし、条件は概ね以下の基準とする。
  1. 活動が洗足会および学園の運営・諸活動の妨げにならないこと。
  2. 原則的に希望すれば会員の誰でも参加できるものであること。
2. サークルに参加する会員は、賛助会の活動に積極的に貢献することを念頭に活動を行うこととする。
3. サークル活動は学園内外ともに個々の団体の責任において行う。学園と賛助会の品位と名誉を傷つけないことを心がけるものとする。
4. 設立希望者は以下の内容を明記し申請する。
  1. 設立趣旨・活動概要
  2. 参加人数
  3. 代表者
  4. 会費
  5. その他、役員会からの指示のあった内容
5. 代表者1名、副代表者1名以上、会計担当1名以上をサークル内で決めることとする。
6. サークルの活動は基本的に会員個人の責任と経済的負担で自主的に運営されるものとする。
従って学園の施設・備品等の使用および活動場所用の確保を賛助会が保証するものではない。
7. 年度末(賛助会総会2ヶ月前)までに、年間の活動実績および次年度の計画等を賛助会の役員会に報告する。
8. 以下については賛助会が支援する。
  1. 賛助会ホームページおよびその他の媒体での広報
  2. 賛助会全体の活動の下で行われると認められ、役員会の承認が得られた場合はその経費の一部または全部
9. 学園の施設や備品・道具等の使用については、学園の指示に従う。学園の施設内に物品の常設・保管は原則しない。
10. その他、問題等が生じた場合は、適時賛助会役員会とよく相談し、その決定・指示に従う。